関東周辺!楽しみながら子供の身長を伸ばす面白施設10選

関東周辺!楽しみながら子供の身長を伸ばす面白施設10選

関東周辺!楽しみながら子供の身長を伸ばす面白施設10選

 

 

 

「たまには外で遊びなさいっ!」
なんて言っても、現代の子どもたちにはなかなか通用しません。

 

「そんなんじゃ、身長伸びないよっ」
なんて脅してもムダだったりします。

 

そこで、
「大人も一緒にに楽しく遊べるテーマパーク」
に子どもと一緒に行って、
楽しく遊んで、体を動かすことの楽しさを知ってもらうのはどうでしょう?

 

親御さんの運動不足解消にもなりますし、なによりこういう運動系のテーマパークって、利用料金もけっこうお安くて、財布にも優しいんですよね。あっ、これはお子さんにはナイショです…。

 

当ページでは、関東周辺の、運動系のテーマパークを厳選して10箇所選んでみました。

 

よろしければ、ご参考になさって下さい。

 

1.こどもの国

こどもの国 公式サイト
神奈川県横浜市青葉区奈良町700
入園料:大人600円 子ども100円

 

こどもの国
こどもの国

 

110mローラーすべり台、ドラム缶イカダ、キュービックランド(立体迷路)などで遊べる施設。プール、アイススケート、吊橋などなど、四季を通じて遊べる施設が揃っています。

 

2.千葉こどもの国キッズダム

千葉こどもの国 キッズダム 公式サイト
千葉県市原市山倉1487
入園料:大人700円 小学生300円

 

千葉こどもの国 キッズダム
千葉こどもの国 キッズダム

 

同じ「こどもの国」でも、こちらは人口湖・山倉湖のほとりにある施設。ダムが見渡せる滑り台、ローラースケート、サイクリング、アソビングビレッジという屋内施設もあるので、雨の日も安心。

 

3.清水公園

清水公園 公式ホームページ
千葉県野田市清水906
利用料: フィールドアスレチック:大人1000円、子ども700円。 アクアベンチャー:大人650円、子ども550円。

 

清水公園 公式ホームページ
清水公園 公式ホームページ

 

フィールドアスレチックと、水際で遊べるアクアベンチャーがウリ。キャンプ場やポニー牧場、マス釣りエリアなどもあります。大型駐車場完備。

 

4.川口グリーンセンター

グリーンセンター 公式サイト
埼玉県川口市新井宿700
利用料:大人310円 子ども100円

 

夏はプール、冬はスケートが楽しめます。それ以外のエリアは植物園、バードエリア、展望滑り台などなど、値段の割に遊べる印象。

 

5.ターザニア

樹の上の冒険王国ターザニア 公式サイト
千葉県長生郡長柄町味庄東台1067
利用料:
 アドベンチャーコース:大人3,800円 子ども2,800円
 キャノピーコース:小学生以上 2,600円
 445mロングジップスライド:小学生以上 1,600円

 

森を使ったアスレチック系施設。木から木に移動する「ターザン系」の遊びを満喫できます。2時間コースのアドベンチャーに、ちょっとライトな1時間20分コースのキャノピーコースが選べます。自信のあるあなたは、445mロングジップスライドに挑戦してみるのもいいかも。

 

6.元気ぷらざ 温水プール

東京都北区立 元気ぷらざ 公式サイト
東京都北区志茂1-2-22
利用料: 大人2時間500円、子ども100円

 

流水プール、25mプール、ジャグジーなどに加えて、72mを滑り降りるウォータースライダーが設置された温水プール。夏も冬も、一年中遊べるプールです。屋内施設。

 

7.ありのみコース

ありのみコース 公式ページ
千葉県市川市大町226-1
利用料:大人1,000円 子ども800円

 

本格的なフィールドアスレチック遊具が40基ある、千葉のフィールドアスレチック施設。バーベキューもできます。シャワー室もあるので、思い切りどろんこになっても大丈夫。

 

8.海老名運動公園

海老名運動公園 公式ページ
神奈川県海老名市社家4032−1
利用料:遊具利用だけなら無料

 

かながわの公園50選にも選ばれている、総合運動公園。野球場、テニスコート、プールなどに加えて、大型の遊具が多数設置されています。

 

9.世田谷公園

世田谷公園 公式サイト
東京都世田谷区池尻1-5-27
利用料:プレーパークのみなら無料

 

野球場、テニスコート、プールに加えて、プレーパークという手作り感のあるアスレチックっぽい遊びができます。プレーリーダー(監視員?)のもと、焚き火、木登り、泥遊びなどができるのがポイント。

 

10.富津公園ジャンボプール

富津公園ジャンボプール 公式サイト
千葉県富津市富津2280
利用料:大人1,170円、子ども420円

 

夏限定ですが、ひたすら広いプール。流れるプール、波立つプール、スライダープール、競泳プール、ちびっこプールなどが揃っています。

 

まとめ

 

子どもに運動させるのに一番いい方法は、
子どもの目の前で、親が目一杯楽しそうに運動すること
かも知れません…。

 

童心に帰って、自然の中で思いっきり遊べば、
子どもたちは何かを学んでくれるかも知れませんね。

 

運動と同時に、成長に必要な栄養をとっておくと、効率よく子どもたちの成長につながるかも知れません。

 

日々の食事が、そこまで考慮出来てないんだよね…というあなたは、サプリを使うのもアリ。

 

こちら、参考になさって下さい。

 

身長の悩みサプリランキング